CROSSexchangeの特徴と人気の理由

 
CROSSexchangeの特徴 - クロスエクスチェンジ

CROSSexchangeは、「アゼルバイジャン共和国」で2018年11月にオープンした仮想通貨(暗号資産)取引所です。

 

2019年6月1日現在、下記仮想通貨(暗号資産)が上場しており、売買が出来ます。

BTC・USDT・ETH・XRP・XEX・LTC・ADA・BCHABC・BCHSV・EOS・DASH・REP・MONA・NEO・LSK・ZEC・TRX・QTUM・XMR・OMG・MKR

 

CROSSexchangeは、取引所独自の仮想通貨(暗号資産)XEXコインの発行と取引所収益の還元で今人気を集めています。

 

 

CROSSexchangeの特徴

CROSSexchangeでは、
・取引手数料を取引所独自コインXEXコインで還元(取引マイニングで収益還元)

・XEX保有額に応じて取引所収益の一定量を配当として配布

・コミュニティによる運営方針の決定
といった、サービスを展開しています。

 

特筆すべきは、ニュースなどがきちんとした日本語でも発表されていることです。日本語対応と言ってもたいていはGoogle翻訳を使って、怪しげな日本語になっているのが多い中、きちんとした日本語で書かれています。

 

言語としては、日本語と英語・韓国語に対応しています。

 

取引マイニング

CROSSexchangeは仮想通貨(暗号資産)の取引所なので、取引を行うと手数料が徴収されます。しかし、その手数料の一部がXEXコインとして配布されます。

 

ユーザーがCROSS exchangeで取引をすると、手数料が取引所の収益として蓄えられます。

 

一方で、取引に伴い、XEXコインがマイニングされます。(これはビットコインなどの他の仮想通貨(暗号資産)のマイニングと同じ作業が裏で行われます。マイニングについてはGoogleなどで検索してみてください。)そして手数料と同じ価格分のXEXコインがマイニングされると、ユーザーに還元されます。

 

つまり形としては、手数料がすべてXEX(マイニングコイン)に変換され、ユーザーに還元されるのです。そして還元されたXEXを一定期間取引が出来ないようにロックすることで、手数料に比較して還元される率があがる仕組みが提供されています。

 

例えば、90日間ロックすると、手数料の120%が還元されます。

 

ここからの部分は、仕組みを詳しく知りたい人だけ読んでください。

——————————ここから——————————

これは、あくまでも説明のための例ですが、

 

売買手数料:1%

1BTCの価格が8400USDT

 

と言う状況で、0.505BTC持っていた人が、

 

取引:0.5BTC売って、4200USDTを購入

 

をしたとします。

 

この際0.5BTC×0.01=0.005BTCの手数料が引かれます。

CROSSexchangeでは、この時に、0.005BTC分のXEXが還元されるのです。

——————————ここまで——————————

 

結局、0.505BTCが減って、0.5BTCに見合う4200USDTと0.005BTC分のXEXが増えます。

この手数料分のXEXコインがマイニングされる仕組みは、そもそものXEXコインの一部として設計されています。

 

結果的に手数料が実質0になっています。

 

それどころか上に書いた様に、90日ロックを掛けると、還元率が120%になります。

すると、0.505BTCが減って、0.5BTCに見合う4200USDTと0.006BTC分のXEXが増えます。

つまりBTC換算では、0.001BTC分=取引した0.5BTCの20%分の資産が増えたことになります。

 

要はマイニングして、配布してもらったXEXをロックすることで、手数料が引かれて資産が減るはずなのに、逆に資産が増えるのです。

 

 

左肩の赤い数字が取引マイニングで得られるXEXのボーナスを示しています。

 

 

しかも、後述する様に、保有しているXEXの量に応じて、毎日取引所の収益の一部が配当としてもらえます

 

 

もちろん、取引所で0.505BTC使ってXEXを直接購入することもできます。

 

その時も、0.505BTC分のXEXと手数料の1%0.00505BTC分のXEXがもらえます。

ただ、合計しても、0.510505BTX分のXEXにしかなりません。

 

つまり、XEXを取引所で直接購入するのではなく、他の通貨の取引を通じてマイニングして得た方がXEXを多く入手できるのです。

 

 

自動マイニング

ただ、例えば0.505BTCを取引マイニングで全てXEXに変換するにはどれだけの手間がかかるでしょうか。

 

上の作業に続けて、購入した4200USDTを使ってBTCを購入したとしたらどうなるでしょうか。

 

ここからの部分は、仕組みを詳しく知りたい人だけ読んでください。

——————————ここから——————————

説明を簡単にするために、BTCの価格や手数料の率は変わらないとします。

 

4200USDTをXUSDT売ってBTCを買うとXの1%の手数料を払うので、4200USDT×100/101/8400USDT=0.49505BTC購入出来て、41.58416USDT(0.000495BTC)の手数料を支払います。またその結果0.000495BTC×120%=0.005941BTC分のXEXを入手します。

 

つまり、0.5BTC分の4200USDTが減って、BTCが0.49505BTC、XEXが0.0005941BTC分増えています。差し引き、0.00099BTC増えました。

 

そう、これを繰り返せば、少しずつ、BTCとUSDTが増えて代わりにXEXが増えていきます。

——————————ここまで——————————

 

例の様に手数料が1%だとすると、上の作業を100回繰り返すことと、XEXを90日間ロックするとすれば、0.505BTCが0.606BTC相当のXEXにすることが出来ます。

 

100回

 

ちょっと手間ですね。

 

そこでCROSSexchangeでは、上の作業を自動で行ってくれる仕組みが導入されています。

 

CROSSexchangeのマイニングのページで、交互に取引をする二つの通貨を選択して、その時の取引のレートに応じて同じ金額を用意すれば、自動で売買取引をしてくれます。

 

それを自動マイニングと呼んでいます。そして、マイニングしたあとのXEXコインのロックアップ期間によって、3種類のマイニングプランが用意されています。

 

それが、

 

マイニングプラン90 : ロックアップ期間90日

 

マイニングプラン60 : ロックアップ期間60日

 

マイニングプラン30 : ロックアップ期間30日

 

です。

 

例えば、90日ロックアップされるマイニングプラン90を選んで、0.5BTCと4200USDT(両者合わせて1BTC)を用意して、自動マイニングを行えば、1.3BTC分のXEXが入手できます。

 

 

 

XEXのロックアップ

CROSSexchangeではもともとはXEXの流動性を抑えて価格の大きな変動を防ぐために、ロックアップと言う仕組みを導入しています。

 

ただ、ロックアップするうまみが無ければ効果が無いんで、より還元率をアップする施策を採用しています。

 

そのため、2019年6月1日現時点では、92.32%がロックしています。

 

 

この日々のロックアップされている比率は取引所のサイトで公開されています。

 

 

配当

さらにXEXを保有することでCROSS exchangeが得ている取引所収益の一定量を配当として得ることが出来ます。

 

凄いのは、取引所の収益の75%程度がXEX保有者に配当されています。

 

また、ロックアップの期間によって、配当の比率も変えています。

 

 

上記の画像の配当率の割合で配当されます。またロックしない場合の配当率は20%です。

 

(注)

この配当率ですが、おそらく、仮に全員ロック期間が90日だったら収益の80%分になる金額を分配する。同様に全員ロック期間が60日だったら、60%分になる金額を分配するということです。なので、全員が90日ではないため、配当額を合計しても取引所収益の75%程度になっています。

 

実際の配当ってどの位もらえるの?

あなたが、一番気になっているのは、実際、日々どの程度の金額の配当がもらえるのかですよね。

 

今後週ごとに配当の実績を載せていきますので、そちらでご確認いただきたいのですが、あくまでもおおよその実績は、保有XEXのUSDT換算で平均して0.2%~0.4%位です。

 

現時点では、まだ口座開設して、取引マイニングして1か月程度ですが、この間の配当はXEX残高の0.25%から0.47%です。毎日一定しているわけではなくて、あくまでも日々の収益によって変動しています。

 

平均0.35%というのは、そのまま毎日配当を保存しておくと、1か月で、だいたい保有しているXEXの10.5%になります。(この配当が保証されるというものではないので、注意してくださいネ。)

 

 

CROSSexchangeの人気の理由

CROSSexchangeの人気の理由は、大きく二つあります。

 

一つは、配当比率が高いということでしょう、

 

最大で取引所収益の80%が還元される様な設計がなされています。

 

二つ目は取引マイニングの還元率が高いことでしょう。

 

さらに、取引マイニングでのボーナスが最大30%になっています。

 

自動マイニングを利用するだけで、90日のロック期間を選択すれば、単にマイニングをするだけで資産が30%増えるのです。

 

さらに、各種のキャンペーンが催されているので、さらに資産が増えます。

 

例えば6月1日から開催されているサマーギフトBOXキャンペーンでは、マイニング付きプラン(マイニング90,マイニング60,マイニング30)で自動マイニングをすると、1000XEXマイニングするたびに100XEX配布されます。

 

つまり10%追加してXEXがもらえるので、90日のロックアップを選択すると今なら資産が1.4倍になります。

 

また、そのマイニングを簡単に行うために自動マイニングが提供されていることも大きいでしょう。

 

三つめは資産を増やすための多くのキャンペーンが開催されていることです。

 

入金額の「10%」がUSDTでキャッシュバックされて、次回の自動マイニングに利用できたり、前述のサマーギフトBOXキャンペーンの様に資産を増やすためのキャンペーンが随時開催されています。

 

 

CROSSexchangeのリスク

ここまで、数字や式が沢山出てきて、嫌になってる方も多いですよね。もっとも、そういう方は、ここまで読む前に、このサイトから去っているとは思いますが。

 

ここからは、さらに、少し難しい話をします。資産に係ることなので、面倒でもきちんと読んでくださいネ。

 

これまで書いてきたように、仮想通貨(暗号資産)の取引をすることで手数料や配当がもらえるCROSSexchangeですが、なにかリスクはないのでしょうか。実は取引所のサイトを見ても、当然かもしれませんが余りリスクについては書かれていません。

 

ただ、海外の仮想通貨(暗号資産)の取引所を使うことのリスクは相当あります。ここでは、それらについて、考察してみます。

 

まず大きく、次の四点でリスクを考えてみます。

 

 

  • 仮想通貨(暗号資産)の持つリスク
  • 取引所が持つリスク
  • XEXコインのロックアップに関するリスク
  • 取引マイニングのスキームに関するリスク

 

 

仮想通貨(暗号資産)の持つリスク

CROSSexchangeで扱っているのは仮想通貨(暗号資産)です。ですので、仮想通貨(暗号資産)がそもそも持っているリスクや仮想通貨を取り扱うことによるリスクは当然存在します。

 

例えば、海外の仮想通貨の取引所で取引をするためには、円や$は使うことが出来ません。BTC(ビットコイン)やETH(イーサリアム)などの日本でも一般的に利用されている仮想通貨(暗号資産)を利用する必要があります。

 

その仮想通貨を取り扱うためには、どこかで日本円を仮想通貨に交換する必要があります。通常、それは日本で営業している仮想通貨取引所になります。そこで仮想通貨(暗号資産)を購入する必要があります。

 

仮想通貨(暗号資産)は、海外通貨や株式の様に日々価値が変動しています。ただ、その変動の幅が、通常の通貨や株式に比べると、非常に大きいです。

 

さすがに、一日で100%も変動することはもうあまり見かけませんが、それでも1日に10%程度価値が上がったり下がったりすることがあります。

 

このように仮想通貨(暗号資産)には価値の変動が大きいリスクがあります

 

 

さらに、購入した仮想通貨(暗号資産)をCROSSexchangeに送金する必要があります。

 

この”送金手続き”が日本の銀行の様に誰でも簡単に出来る状況ではありません。

 

仮想通貨(暗号資産)の口座番号は日本の銀行口座の様な簡単な数字ではなく、仮想通貨(暗号資産)のアドレスという40桁の16進数が使われます。

 

しかも、仮想通貨(暗号資産)ごとに異なるアドレスが使われます。

 

そして、ここが一番の課題ですが、日本の銀行の様に送金時にアドレスを入れると相手先を表示してくれて、正しいアドレスに送っているかどうかをサポートしてくれると言ったことは出来ません。

 

送金先を事前に登録しておいて、そこにしか送らないようにすると言った仕組み程度しか、誤送信を防ぐことはできません。

 

もし間違ったアドレスに送金してしまったら、その資産は相手に届かないだけではなく、自分の手元にも帰ってきません。

 

仮想資産には送金が難しい面があります

 

さらに、現状日本では、仮想通貨(暗号資産)で得た利益は雑所得となり、利益の額によって最高45%程度の所得税と10%の住民税が課税がされます。

 

損益通算も認められていないので、他で損失を出していても、それを控除することは出来ません。(仮想通貨同士の所得は相殺できます。)配当収入の半分は税金だと考えておいた方が良いです。

 

 

取引所が持つリスク

CROSSexchangeは海外の取引所です。国内の取引所もそうですが、大きな資金が動くため、ハッカーに狙われやすいのも実情です。

 

実際に、過去何度もハッキングされています。

 

日本の取引所は金融庁の指導もあり、保有する仮想通貨(暗号資産)はネットワークとは切り離したコールドウォレットに格納したり、ネットワークにつながったホットウォレットと同額の仮想通貨(暗号資産)を保有する義務が果たされていたりして、そういったハッキングに備えるような施策を取っていますが、海外の取引所は、そういう対策はないので、ハッキングされた場合の補填もされません。

 

ただ、一点、CROSSexchangeのユーザーはほとんどがXEXを預けているわけで、XEX自体はCROSSexchangeでなければ換金できません。

 

また、XEXの90%位以上がロックされているので、ただハッキングして送金すれば良いわけではなく、XEXのロックを外してCROSSexchangeで換金すると言うことまでしないとハッキングするうまみがないのが実情だと思います。

 

なので、他の取引所に比べるとハッキングするメリットがないのかと思います。

 

取引所が持つリスクとしては、取引所での取引が減ってしまって、最後につぶれてしまうリスクもあります。

 

 

XEXコインのロックアップに関するリスク

仮想通貨(暗号資産)の世界は、新しいスキームや新しいテクノロジーがどんどん生み出されています。

 

また、仮想通貨(暗号資産)は価格の変動リスクがあります。

 

自分の保有するXEXを長期間ロックアップすることで、資産価値が上がっているわけですが、ロックアップ期間中にXEXの価値が暴落しても、何も対処できません。

 

また、ロックアップ期間中に、より良いスキームが開発されてユーザーが皆そちらに移っても、CROSSexchangeに預けているXEXは換金できないので、思うように新しい環境に移れないリスクもあります。

 

CROSSexchangeが開業して、ほぼ半年経過しており、今の所は、そういうこともなく上手く運用されているように見えます。ただ、ロックアップ期間中はXEXの価格が大きなマイナスにならないでと祈るしかありません。(その対価として高い還元率を得ているのです。)

 

なので、安心・安全を求める人には絶対に向きません。(CROSSexchangeがと言うよりも仮想通貨取引自体に参画しない方が良いかと思われます。)

 

 

取引マイニングのスキームに関するリスク

XEXコインは総計100億と発行枚数が決まっていて、そのうち半分の50億XEXがマイニングでの採掘用に設定されています。

 

開業からほぼ半年で、7億XEXがマイニングされているので、今のペースでも4年半後にはマイニングXEXは全てマイニングされます。

 

なので、このスキーム自体は、永遠には続きません。期間が限定されています。

 

この部分を勘違いして未来永劫続くような勘違いはしない方が良いです。

 

また、取引所通貨は今までも存在し、収益を還元するという通貨も過去にありました。しかし、それらは例えば大口の機関投資家や運営自体が大量に通貨を売却するなどして、大暴落した経験が過去にあります。

 

また、そもそもCROSSexchangeの手数料収益が還元されるので、今のCROSSexchangeの人気が何かの理由でなくなると、手数料収入が減り、さらに人気が落ちるという負のスパイラルに陥る可能性もあります。

 

CROSSexchangeを利用するということは、これらのリスクも負うことだと認識したうえで、利用することが必要です。

 

人気だからお金を預けると言うことだけは絶対にやめましょう。

 

 

まとめ

ここまでをまとめると、CROSSexchangeでは、仮想通貨の取引所であり、ユーザーを獲得して利用してもらうために、収益を還元する仕組みとしてXEXコインという独自通貨を発行し、取引手数料を徴求する代わりに、XEXコインを還元しています。

 

そして、XEXの保有者には取引所収益の一部を配当として還元しています。

 

そしてXEXコインが大きく価格変動することを抑える為にロックアップと言う仕組みを設け、その仕組みが実効のあるものにするために、XEXのロックアップ期間に応じて手数料の還元率を高めたり、配当率を高めています。

 

 

その結果、配当比率が高く、資産を増やすための多くのキャンペーンが開催されていることがCROSSexchangeの人気の秘密です。

 

しかし、仮想通貨(暗号資産)が持つリスクはXEXコインにもあります。また海外の仮想通貨取引所としてのリスクも背負っていることに変わり有りません。

 

基本的に投資はあくまでも自己判断でする必要があります。

 

さて、次回は、このCROSSexchangeにどうやったら参加できるのかをお伝えしたいと思います。

 

関連記事
コメント
コメント投稿
トラックバック
トラックバックURL