CROSSexchangeを使った資産形成-自動マイニング

 
クロスエクスチェンジ - 資産形成

今回は、CROSSexchangeを使った資産形成についてまとめてみます。

 

CROSSexchangeの特徴と人気の理由でも書きましたが、CROSSexchangeは売買取引の手数料をXEXという取引所独自の通貨で還元してくれます。その金額がXEXをロックすることにより、手数料の140%まで還元してくれます。

 

さらに、XEXの保有量とロックアップの期間に応じて、取引所で発生した収益を毎日分配してくれます。

 

この手数料の還元と、日々の収益の分配を活用して短期間に資産を増やすことが可能なことからCROSSexchangeが人気な訳です。

 

ここでは、自動マイニングの手順を掲載しておきます。

 

実は前回紹介したCROSSexchangeでの仮想通貨(暗号資産)の売買の仕方や自動マイニングのやり方の動画はYoutubeを探せばたくさん出てきます。

 

ただ、動画でやり方は分かるのですが、そもそもの手順と何のためかが分かりにくいものもあります。

 

また、そもそも自動マイニングするための仮想通貨をどうするのかと言う点が分からない人もいる様です。

 

そこで、今回は、その辺を中心にまとめておきたいと思います。

 

 

自動マイニング

CROSSexchangeに登録した後、自動マイニングするには、マイニング用の仮想通貨を用意する必要があります。

 

CROSSexchangeでは、円やドルなどの通貨で入金することは出来ません。

 

受け入れるのは上場している仮想通貨だけです。

 

そこで、最初は、別の取引所でBTCやETHなどを購入して、CROSSexchangeに送金する必要があります。

 

今回は、BTCをCROSSexchangeに送金して、それを使って自動マイニグする方法をお伝えします。

 

 

 

準備-仮想通貨の送金

このブログが想定しているのは日本人の方です。まずは、ビットバンクやビットフライヤー、GMOコインなどの取引所にて日本円でBTCを購入してください。

 

自動でマイニングしてもらうためには、最低金額の設定があります。BTCの最低金額は0.01BTC(2019年6月8日22時25分現在、約8600円程度。)です。二つの通貨ペアで同額必要なので、最低倍、日本円で2万円以上程度有れば大丈夫だったかと思います。なおBTCの送金にはBTCが必要で、800円程度分必要ですから、それも加味して2万円程度BTCを購入しておけば最低限の自動マイニングは可能です。

 

ただ、日々の配当は0.2%程度位からですので、一日の配当は40円程度になります。

 

そしてCROSSexchangeにBTCを送金します。この際0.001BTC程度の送金手数料が取られます。

 

メニューの「総資産」を選択すると、各種仮想通が表示されます。

 

例えばBTCで入金する場合は、BTCの右側の「入金」ボタンをクリックします。

 

 

ここに表示されているのは、私用のBTCの入金用アドレスです。

 

別の取引所で購入したBTCをこのアドレスに送金すれば準備OKです。

 

なお、上のアドレスは私用のアドレスですのでくれぐれも間違って送金しないでください。

 

ご自身の入金用のアドレスに送金してください。

 

なお、一般的には、取引所から取引所に送金するのは時間がかかったりするので、一旦個人のウォレットを経由して送金した方が良いと言われています。

 

正直、私の場合は、個人のウォレットを経由してある場所に送金した場合に、非常に時間がかかったケースもありますし、取引所間でもスムーズに送金できたケースもあります。

 

仮想通貨を使った送金自体が、まだまだ安全とは言い難いのが実情かと思われます。また仮想通貨での送金には数日と言った時間がかかる場合もあることは念頭に置いておいた方が良いです。

 

そういうことも含めて、何か不具合があった場合には、サポートなどを利用して自力で解決することが求められます。CROSSexchangeはサポートも日本語を使えますが、海外の取引所は日本語は使えないケースが多いです。

 

ですので、そもそも今自分は何をしているのか分かっていない、他の人に言われたことをしているだけで、言われたこと以外の事象が発生したらどうして良いか分からないという方はまだ仮想通貨に触れない方が良いかもしれません。

 

 

準備-USDTの用意

自動マイニングは、同額の仮想通貨を二つ用意して、その仮想通貨同士で売買を繰り返すことで都度発生する手数料をXEXで還元してもらう仕組みです。

 

そこで、今回はペアとしてBTCとUSDTを使用します。そこで、取引所において送金されたBTCを使って半額をUSDTに変換します。

 

BTCを売却して、USDTを購入する手続きは、CROSSexchangeでの仮想通貨(暗号資産)の売買の仕方を参考にしてみてください。

 

手順としては、下記になります。

 

1.CROSSexchangeにログインする。

 

2.メニューで「取引所」を選択する。

 

3.BTC/USDTペアを選択する。

 

4.「売りBTC」側で、「取引価格」に売買したい価格を設定する。

(現在売買されている金額の直近価格の上の段(BTCを売りたい側)の一つ上の価格もしくは直近で取引されている価格を設定すると早く購入できる可能性があります。)

 

5.取引数量で50%をクリックする。

(これによって、保有しているBTCの半分の金額が売買対象になります。)

 

6.「売りBTC」ボタンをクリックする。

 

 

自動マイニグ通貨の設定

上にも書いた様に今回は通貨ペアとしてBTC/USDTを使います。

 

メニューから、「マイニグ」を選択して自動マイニグの設定画面を表示します。

 

そして、今回の通貨ペアの「BTC/USDT」のボタンをクリックします。

 

すると、金額を設定する画面が表示されます。

 

ここで、上の画像で赤い枠で囲われたBTC100%のボタンをクリックします。

 

すると、BTC100%の場合の設定金額とそれに対応するUSDTが下の図のように設定されます。

 

今回は、説明のために、USDTの残高が低い状況にしています。ここで、「マイニグ開始」をクリックすると、USDTの残高不測のエラーになります。

 

 

実際に、CROSSexchangeでBTCからUSDTを購入した場合、その後もBTCの価格変動があるので、どうしても差額が出てしまいます。

 

そこで、そういう場合は、今度は、USDT側の100%を押します。

 

そして、「ミニング開始」ボタンをクリックします。

 

これで、自動でマイニングが開始します。

 

 

自動マイニングの注意点

ここでは、自動マイニングに絡む注意点を挙げておきます。

 

自動マイニングの上限は1時間2000XEXまで

自動マイニングは1時間当たりの上限が決まっています。

 

2019年6月8日時点では1時間に2000XEXが上限です。今の時点でのXEXの価格から約16000円分のBTCと16000円分のUSDT合わせて約32000円分のマイニングが実行されると、自動マイニングは一旦停止します。

 

そして、次の1時間が始まると自動マイニングが再開されます。

 

なので、1日にマイニングされるのは最大768000円程度です。200万円をマイニングすると3日位掛かります。

 

 

XEXの還元はマイニングした次の時間に反映される

自動マイニングが行われた結果は1時間ごとにまとめられて、翌時間に還元されたXEXがウォレットに反映されます。

 

そして、今現在は、サマーギフトBOXキャンペーン中なので、更に1000XEXごとに100XEXがプレゼントされます。

 

 

自動マイニング用USDTクーポン

現在、入金金額の10%分の「自動マイニング用USDTクーポン」がキャッシュバックされるキャンペーンが7月1日まで実施中です。

 

クーポンを算出する入金は毎週金曜日12:59 に締められて、翌月曜日の日本時間13:00までにクーポンが配布されます。(ただし、ウォレットに入るのではなく自動マイニングの時にUSDTとして利用できるものとなります。)

 

配布された後のクーポンはその後での自動マイニングにおいてUSDTとして自動マイニングする金額の10%まで使用可能です。

 

なので、ある週に$1000入金したら、翌週の月曜日に$100がキャッシュバックされます。そして、仮$100分のBTCと$100分のUSDTで自動マイニングをした場合には、クーポンが$20分のUSDTとして利用できます。

(つまり自動マイニングで$100分のBTCとウォレットにある$80分のUSDTと$20USDT分のクーポンが消費されます。)

 

ただし、自動マイニングを実施する際には、$100分のBTCと$100分のUSDTがウォレットに保管されていなければなりません

 

 

まとめ

自動マイニングには二つの仮想通貨を選択して、同額の金額を設定して実施します。

 

仮想通貨ペアは、自動マイニング画面でいろいろな種類が選択可能です。

 

ただ、CROSSexchangeは日本円やUS$などは入金できないので、最初はBTCなどを別の取引所で購入して送金する必要があります。

 

送金されたBTCに対して、半額を取引所を利用して例えばUSDTにします。

 

そして、この場合はBTC/USDTペアを選択して自動マイニングを始めます。

 

また1時間で実施できるマイニングの上限は2000XEXまでに制限されています。

 

自動マイニングされたXEXは次の時間にウォレットに配布されます。

 

以上で、自動マイニングの解説は終了します。

 

次回から、実際の配当の状況を報告していきたいと思います。

関連記事